CFO

企業において、CFO(最高財務責任者)の存在が今日ほど重要視されたことはありません。CFOは、企業における財務戦略の立案と実施を担当し、また企業をめぐる様々な投資家との対話に責任を負います。そしてCFOには、トップ・マネジメント・チームの一員として、経営戦略についてCEOに提言する力が求められます。金融戦略・経営財務プログラムでは、財務と資本市場の専門的な知識を深め、その上で経営センスを磨くことでCFOになるために必要な力を養います。

CFOの重要性は、上場企業に限られたことではありません。スタートアップ企業や新規上場(IPO)を視野に入れるベンチャー企業では、経理と資金調達、投資家との交渉やコミュニケーションを担当し、CEOと手を携えて企業の成長戦略を支える有能なCFOの存在が不可欠です。