2024年05月23日

【セミナー報告】MIT Club of Tokyo共同主催 「Andrew Lo教授 講演会」が開催されました

IMG_1778.jpg主催:MIT Club of Tokyo、一橋大学大学院経営管理研究科金融戦略・経営財務プログラム

IMG_1779カット.jpg

2024年521日一橋講堂 中会議場において、MIT Club of Tokyoと一橋大学大学院経営管理研究科金融戦略・経営財務(FS)プログラムの共催による講演会が開催されました。

本講演では、MIT 金融工学研究所の所長でありMIT コンピュータ サイエンスおよび人工知能研究所の主任研究員でもあるAndrew W. Lo教授が「Can Financial Engineering Cure Cancer, Reverse Climate Change, and Solve the Energy Crisis?」という演題で登壇されました。教授はサンタフェ研究所の外部教員であり、国立経済研究所の研究員でもあります。

症例の少ない難病の治療法の開発から得られるリターンは大きいけれども、リスクも非常に大きいため資金をなかなか集められない。ところが、それらの相関は非常に小さいため、多くの難病治療開発に分散投資すればリスクは小さくできる。実際に、これを利用したファンドを作り資金を集めて難病治療開発に投資し、既に治療を成功したいくつもの事例を得ているという感動的なお話でした。


IMG_1773.jpg

演題

Can Financial Engineering Cure Cancer, Reverse Climate Change, and Solve the Energy Crisis?

要旨

"Long shots" are investment projects with four features: (1) low probabilities of success; (2) long gestation lags before any cash flows are realized; (3) large up-front investments; and (4) very large payoffs (relative to initial investment) in the unlikely event of success. Funding long shots is becoming increasingly difficult--even for high-risk investment vehicles like hedge funds and venture capital funds--despite the fact that some of society's biggest challenges such as cancer, Alzheimer's disease, climate change, and energy transition depend critically on the ability to undertake such investments. In this talk, Prof. Lo will describe how new business models and financing strategies can be used to reduce the risk and increase the attractiveness of long shots, and give several examples of real-world implementations of these strategies including cures for rare diseases and financing fusion energy.